離乳食

【キューピー】「バナナプリン」はバナナ嫌いでも食べられた【離乳食中期】

キューピーバナナプリン

今回はキューピーベビーフード「バナナプリン」を食べてみた感想をレビューします。

「バナナプリン」は生後7ヵ月から

「バナナプリン」は離乳食中期(モグモグ期)の生後7ヵ月から食べられます。
「○ヶ月まで」の表示がないので離乳食中期や後期でもOKです。

oico
oico
生後7ヵ月からプリンが食べられるなんて驚き!

「バナナプリン」商品詳細

「バナナプリン」は、1瓶70g入りです。

値段

1瓶130円(税抜き)

原材料名

「バナナプリン」の原材料名はこちらです。

バナナ(コスタリカ)、砂糖、コーンスターチ、卵黄(卵を含む)、全粉乳、バター/増粘剤(タマリンドシードガム)、クエン酸、ビタミンC

oico
oico
添加物がいくつか入っているのが少し気になりますね…。

アレルギー情報

「バナナプリン」には、「」「乳成分」「バナナ」が含まれています。
あらかじめ、それぞれの食材のアレルギーチェックをしてから食べさせた方がいいですね。

2019年3月の製造品情報です。商品の改訂により表示内容に変更が生じる場合があります。ご購入、お召し上がりの際は必ずお手元の商品の表示をご確認ください。

栄養成分表示

エネルギーなど、栄養成分はこちらです。

キューピーバナナプリン
引用:キューピー商品情報

「バナナプリン」いざ開封

バナナプリンを開封してみます。

キューピーバナナプリン

蓋を開けた途端にバナナの匂い!
見た目は普通のプリンのような黄色です。

スプーンですくってみると…
トロトロまではいかないけど柔らかめのプリンです。

キューピーバナナプリン

食べてみるとしっかりバナナの味がします。そしてただ甘いだけでなく、ほのかに酸味も感じられます。
ボヤけたような味わいなので大人には物足りなさを感じますが、赤ちゃんにはちょうどいいかも。

娘はバナナが苦手で、生でも、レンジで加熱しても食べてくれなかったのですが、このバナナプリンは難なく食べてくれました。
一度に食べるには量が多いので、大体いつも3回に分けて食べています。

oico
oico
余った分は蓋を閉め、冷蔵庫に入れてその日のうちに食べきってください。
もしくは冷凍トレーなどに移して冷凍保存することも出来ます。

「バナナプリン」レビュー

おすすめ度:

キューピーバナナプリン

バナナプリンなんて自分で作ろうと思ってもそう簡単には作れないので、こうやってベビーフードで食べさせられるのは超ありがたいです。

ただ、気になる添加物…。頻繁にはあげられないかなと感じました。

なので我が家では、離乳食中に機嫌が悪くなってイヤイヤし始めたとき、予防接種のご褒美などのタイミングでこのようなデザートを出しています。

oico
oico
ママ友は粉薬をバナナプリンで包んで飲ませてると言っていました。
そういう与え方もあるんですね~!

ちなみに現在は普通に生のバナナをむしゃむしゃ食べるようになりました。
バナナ嫌いを克服できたのはこのバナナプリンのおかげかも?

皆さんもぜひお試しを!