育児

【100均】サイズアウトしたベビー服をくるみボタンに簡単リメイク

くるみボタン

あっという間に大きくなる赤ちゃん。
気が付けばクローゼットの中にサイズアウトした服がたくさん。

綺麗なものであれば誰かに譲ったり、次の妊娠した時の子のために取っておこうとなりますが、シミや毛玉がついた服はあげることもできず…
捨てるのも思い出が詰まっているのでなかなか処分できず…

でもどんどんサイズアウトするし、クローゼットの中もいっぱいになってきたし何とかしなくちゃ!と思い、今流行っているくるみボタンにリメイクしてみました。

くるみボタン作りにはダイソーのキットがおすすめ

くるみボタンってどうやって作るんだろう…と思っていましたが、友人から聞いた話によると100均で製作キットが売っているとのこと!

中でもダイソーの製作キットが一番簡単に作れるとのことで、さっそくダイソーに買いに行ってきました。

くるみボタン22mm
くるみボタン15mm

手芸用品売り場にありました。
購入したのは売り場にあった22mmと15mmですが、他にもいろんなサイズが販売されています。

製作キットに含まれているもの

くるみボタンキット内容

製作キットの中に含まれているものは

  1. パーツA
  2. パーツB
  3. 打ち具
  4. 打ち具台
  5. 型紙

22mmサイズは15個、15mmサイズは20個のくるみボタンが作れます。

自分で用意するもの

くるみボタンベビー服

ダイソーのくるみボタン製作キットはハサミと布とペンがあれば作れます。

厚手の布(冬服やパイル地など)は作りづらいので、まずは薄い布で作ってみてください。

くるみボタンの作り方

まずは作り方の大まかな流れ。

  • STEP1
    型紙を服(布)に合わせて印を付ける
  • STEP2
    印に合わせて服をハサミでカットする
  • STEP3
    打ち具台に服とパーツAをのせる
  • STEP4
    服を押し込みパーツBを乗せる
  • STEP5
    打ち具で押し込む
  • STEP6
    完成!

型紙を服(布)に合わせて印を付ける

くるみボタン作り方ステップ1

ペンで印を付けます。印を付けた部分はパーツに隠れるので大胆に書いてOKです。

印に合わせて服をハサミでカットする

くるみボタン作り方ステップ2

キッチリ印の通りに切らなくても多少ずれても大丈夫です。

打ち具台に服とパーツAをのせる

くるみボタン作り方ステップ3

服の表面が下になるように打ち具台に乗せ、パーツAを指ではめ込みます。

服を押し込みパーツBを乗せる

くるみボタン作り方ステップ4

打ち具台からはみ出た服を折りたたむように入れて、パーツBをそっと乗せます。

打ち具で押し込む

くるみボタン作り方ステップ5

パーツBの上に打ち具をかぶせ、体重をかけるようにググッと押します。

完成!

くるみボタン作り方ステップ6

打ち具台からゆっくり外して出来上がりです。

oico
oico
とても簡単なので、1個1分くらいで作れます。
パイル地やフリース素材の服も結構力がいりますがなんとか作れました。

くるみボタンをキレイにつくるコツ

いくつか作っていくうちに、くるみボタンをキレイに作るコツを見つけました。

キレイに作るコツ
  1. なるべく薄い服で作る
  2. 厚い服で作る際はひと回り小さめにカットする
  3. 打ち具台で押し込む際に、まな板や本などの平らなもので押す
  4. 打ち具台から取り出すときは糸通しの部分に爪楊枝などを刺して、てこの原理で取り出す

くるみボタンをさらにアレンジリメイク

作ったくるみボタンは自分(パパママ)の思い出としてそのまま取っておいても良いし、さらにアレンジリメイクするのも良いです。

アレンジリメイク例
  • ゴム紐に通してヘアゴムに
  • グルーガンやテグスで付けてヘアピンに
  • カーディガンなどの服のボタンに付け替える
  • ぽっとん落としなどの知育おもちゃとして
oico
oico
お子さんが女の子なら、親子でお揃いのヘアゴムにしたら可愛いですよね。
サイズアウトした服がたくさんある人はぜひ作ってみてください。