離乳食

【ピジョン】「和風そぼろあんかけ」でマンネリ離乳食を改善【離乳食中期】

ピジョン和風そぼろあんかけ

今回はピジョンベビーフードの「和風そぼろあんかけ」をレビューしていきます。

「和風そぼろあんかけ」は生後7ヵ月から

「和風そぼろあんかけ」は離乳食中期(モグモグ期)の生後7ヵ月から離乳完了の生後18ヵ月頃まで食べられます。

【ピジョン】かんたん粉末(和風そぼろあんかけ)【7ヶ月〜】

「和風そぼろあんかけ」商品詳細

「和風そぼろあんかけ」は、1袋3.1g入りが6袋入っています。

値段

オープン価格

oico
oico
私の近所のドラッグストアではいつも220円くらいで販売されています。

原材料名

「和風そぼろあんかけ」の原材料名はこちらです。

牛肉、かつおエキス(小麦を含む)、野菜(にんじん、ほうれん草)、乳糖、粉末しょうゆ(大豆を含む)、こんぶエキス、食塩、酵母エキス/増粘剤(加工でん粉)、酸化防止剤(ビタミンE)

oico
oico
牛ひき肉(オーストラリア産)と2種類の野菜をかつおだしと有機丸大豆しょうゆで味付けされています。

アレルギー情報

「和風そぼろあんかけ」には、「」「小麦」「大豆」「牛肉」が含まれています。

oico
oico
本来、離乳食で牛肉が食べられるようになるのは生後9ヵ月以降ですが、この商品に含まれる牛肉はそぼろよりも細かいサイズなので気にせずあげました。
2020年7月の製造品情報です。商品の改訂により表示内容に変更が生じる場合があります。ご購入、お召し上がりの際は必ずお手元の商品の表示をご確認ください。

栄養成分表示

エネルギーなど、栄養成分はこちらです。

ピジョン和風そぼろあんかけ

「和風そぼろあんかけ」調理方法

和風そぼろあんかけの調理方法は、熱湯で粉末を溶かすだけ。
注ぐお湯の量であんかけスープの2種類を作ることができます。

  • あんかけの場合…大さじ2(30ml)
  • スープの場合…大さじ3(45ml)
ピジョン和風そぼろあんかけ

「和風そぼろあんかけ」であんかけを作ってみました

今回はお湯を大さじ2入れて、あんかけを作ってみました。

まずは器に粉末を入れます。

ピジョン和風そぼろあんかけ

次にお湯を注ぎ入れ、スプーンでまぜまぜ。
これで出来上がりです。

ピジョン和風そぼろあんかけ

ピジョンのあんかけシリーズの五目あんかけよりもツヤっぽく、とろみが強いです。

ピジョン和風そぼろあんかけ

パッケージのイメージよりも緑色でこれで大丈夫かな…と思いましたが、とても美味しそうな匂いがします(しょうゆとかつおだしの匂いが強いです)。

「和風そぼろあんかけ」レビュー

おすすめ度:

規定量のお湯を入れて作りましたが味がかなり濃く、80gのおかゆに入れて混ぜたらちょうど良くなりました。スープとして飲む場合には大さじ3以上のお湯が必要だと思います(シャバシャバになって飲ませづらいとは思いますが)。

娘はじゃがいもが苦手なのですが、このあんかけをかけるとパクパク食べてくれます。
とろみ感が強いのでモサモサしやすい根菜類に相性◎です。

自分で離乳食を作るとなると毎回似たような味付けになりマンネリしてきますが、たまにこういう市販の味付け商品をあげると喜んで食べます(笑)

oico
oico
離乳食にマンネリ感が出てきた…という人はぜひ試してみてください。