離乳食

Kanpy(カンピー)無塩無糖ピーナッツバターでアレルギーチェックをしてみました

Kanpyピーナッツバター

娘が7ヵ月に入ったころ「ピーナッツアレルギー対策は早めにするといい」と聞き、ネットで赤ちゃんでも食べられるピーナッツバターを調べ、この商品に巡り合いました。

今回はKanpy(カンピー)のピーナッツバターについてレビューしていきます。

「Kanpyピーナッツバター」はいつから?

赤ちゃんへのピーナッツバターの投与には「1歳を過ぎてから」や「アレルギー対策のために1歳未満の早いうちから」など、いろんな情報があります。

ピーナッツはアレルギー症状が出やすく重症化しやすい食材なので、まずは他の食材でアレルギーが出ないかをチェックしてから与えた方がいいと思います。

oico
oico
我が家は、卵・小麦・乳などのアレルギーが出やすい食材のチェックが一通り終わった7ヵ月半頃からピーナッツバターを与え始めました。

「Kanpyピーナッツバター」商品詳細

Kanpyピーナッツバター

内容量150g、手のひらに乗るくらいの小サイズです。

スーパーではなかなか見かけませんが、COOP(宅配)やネット通販でも手に入ります。

値段

税抜き320円(2020年7月時点)

原材料名

「Kanpyピーナッツバター」の原材料名はこちらです。

ピーナッツ

Kanpyピーナッツバター栄養表示

食塩・砂糖・添加物不使用なので、赤ちゃんでも食べられます。

oico
oico
市販のピーナッツバターの多くは食塩・砂糖が使用されているので注意してくださいね!

アレルギー情報

「Kanpyピーナッツバター」には、ピーナッツが含まれています。
ピーナッツアレルギーの子には食べさせないようにしてください。

2020年7月の製造品情報です。商品の改訂により表示内容に変更が生じる場合があります。ご購入、お召し上がりの際は必ずお手元の商品の表示をご確認ください。

栄養成分表示

エネルギーなど、栄養成分はこちらです。

Kanpyピーナッツバター

ピーナッツ100%なので、カロリーがものすごいことになっています…!

赤ちゃんに与えるときは少量にし、大人も食べすぎに注意してください!

賞味期限

公式HPには12ヵ月と記載されていました。

開封後はなるべく早く食べきった方がいいです。

「Kanpyピーナッツバター」いざ開封!

ジャム瓶のように蓋をひねって開封します。
蓋を開けるとピーナッツの香ばしい匂いがふわ~んとします。

Kanpyピーナッツバター

スプーンですくってみると…結構固い感じです(練ると少し柔らかくなります)。

Kanpyピーナッツバター

食べてみると…無塩無糖なので大人には物足りない味わいでした^^;
(ほうれん草の和え物など、野菜に混ぜて食べる分にはちょうどいいです)

「Kanpyピーナッツバター」赤ちゃんへの与え方

ピーナッツバターを赤ちゃんに食べさせるときは、卵アレルギーチェックの時のように最初は耳かき1さじから

  1. ごく少量をお湯で伸ばして飲ませる
  2. 離乳食に混ぜる(かぼちゃ、にんじん、バナナなど)
  3. だいぶ慣れてきたらパンに薄く塗ってそのまま与える

のように少しずつ慣らしていきます。

カロリーや脂質が多いので、1歳あたりになって慣れてきても与える量は小さじ1くらいが目安です。

oico
oico
アレルギー症状は食後1~2時間後が出やすいと言われています。
赤ちゃんの様子を見ながら、もし体調の変化が出たらかかりつけの病院にすみやかに相談しましょう!

「Kanpyピーナッツバター」レビュー

おすすめ度:

粒のないなめらかな食感、添加物なし、無塩無糖、使い切りやすい少量サイズ、赤ちゃんにピーナッツバターを与えるにはKanpyがベストだと思います。

本当は満点評価にしたいけど、スーパーであまり売っていないという購入難易度の高さから星4つにしました。でもそんな頻繁に買うものでもないし、大人が爆食いしない限りは減りも少ないです。

そろそろピーナッツに挑戦してみようかな」と思っているパパママ、ネットで買う手間はあるけどぜひ試してみてください。