離乳食

【和光堂】7ヵ月のお出かけ離乳食で使える「しらすの雑炊」【離乳食中期】

和光堂しらすの雑炊

今回は和光堂の栄養マルシェシリーズの中から「しらすの雑炊」をレビューしていきます。

「しらすの雑炊」は生後7ヵ月から

「しらすの雑炊」は離乳食中期(モグモグ期)の生後7ヵ月から食べられます。

和光堂 栄養マルシェ しらすの雑炊〔離乳食・ベビーフード 〕

「しらすの雑炊」商品詳細

和光堂しらすの雑炊

しらすの雑炊は、1箱の中に80gのカップが2個入っています。

賞味期限は購入から一年ほどでした。

値段

オープン価格

oico
oico
私の近所のドラッグストアでは260円くらいで販売されていました。

原材料名

「しらすの雑炊」の原材料名はこちらです。

野菜(にんじん、キャベツ、たまねぎ)、精白米(国産)、しらす、ちりめんエキス、米酢/増粘剤(加工でん粉)

和光堂しらすの雑炊
oico
oico
しらすの雑炊と書かれていますが、野菜もたっぷり含まれています。野菜、米、しらすはすべて国産のものが使用されています。

アレルギー情報

「しらすの雑炊」には原材料としては使用されていないものの、「えび」「かに」を含む製品が工場で製造されているので、微量含まれている可能性があります。

2020年3月の製造品情報です。商品の改訂により表示内容に変更が生じる場合があります。ご購入、お召し上がりの際は必ずお手元の商品の表示をご確認ください。

栄養成分表示

エネルギーなど、栄養成分はこちらです。

和光堂しらすの雑炊

「しらすの雑炊」いざ実食!

常温でも食べられますが、自宅にいて電子レンジが使える環境だったので加熱して食べました。(電子レンジでの加熱は600Wで20秒)

気になる中身はこんな感じ↓

和光堂しらすの雑炊

赤い粒はにんじん、黒い粒はしらす、ほかにキャベツとたまねぎが少し(パッケージ写真ではキャベツの緑色が目立っていましたが、実際は薄茶のような色でした)。
お米は7倍がゆ程度のゆるさです。

かつおや昆布のダシが入っていないので味気ないのかな?と思っていましたが、しらすの味が強く、塩味もそこそこ感じられました(自分で作る雑炊より塩気が強かったです)。

電子レンジで加熱したのでとろみが弱くなりましたが、シャバシャバすることはなく、付属のスプーンでこぼさず食べさせることができました。

oico
oico
1食80gなので、お出かけ先で離乳食をちょっと食べさせたい時などには便利だと思います。

「しらすの雑炊」レビュー

おすすめ度:

味としては満点なのですが、2食分なのにスプーンが1本しか入っていないこと、お米の粒がしっかりしている(細かくなっていない)ために離乳食中期すぐの子には食べづらいのが残念なポイントでした。

また、しらすの雑炊は「主食+主食」なのであまり活用シーンがないかもしれません(双子育児には便利かも?)。

oico
oico
月齢的には7ヵ月頃から食べられますが、赤ちゃんが上あごと下あごでしっかりモグモグできるようになってからでないと誤嚥してしまいそうなので気を付けてください。

栄養マルシェシリーズの7ヵ月から食べられる商品は他に4種類あります。
こちらは「主食+おかず」のセットになっているので離乳食1回分の食事として食べさせることができるのでおすすめです。