離乳食

【和光堂】「裏ごしおさかな」なら面倒な魚の処理いらず【離乳食初期】

裏ごしおさかな

離乳食作りで一番大変な食材、それは…
骨抜きしたり、皮むいたり、ゆでたり、ほぐしたり、すりつぶしたり…

本当に大変

しかし、和光堂の「裏ごしおさかな」を使えば、おさかなの離乳食が一瞬で完成します!

oico
oico
この離乳食をベビーザらスで発見したときはすごく感動しました!
全国のおさかな離乳食で悩めるママさんにはぜひ使ってほしい!

ということで、今回は和光堂BFはじめての離乳食シリーズの「裏ごしおさかな」のレビューをしていきます。

「裏ごしおさかな」は生後5ヶ月から

和光堂のベビーフード「裏ごしおさかな」は離乳食初期(ゴックン期)の生後5ヶ月から食べられます。

「○ヶ月まで」の表示はないので離乳食中期や後期でもOKです。

「裏ごしおさかな」商品詳細

和光堂のベビーフード「裏ごしおさかな」は、1袋の中に魚のフリーズドライが3個入っています。
1個あたり小さじ1の量となっていて、1袋全部使うと小さじ3の量になります。

フリーズドライとは、調理後すぐに急速冷凍し、真空・低温で乾燥したもの。
素材本来の味や栄養価を保つことができます。

原材料名

和光堂のベビーフード「裏ごしおさかな」の原材料名はこちらです。

たら、デキストリン、でん粉

香料や着色料などが入っていないので安心して食べられます。
ちなみにたらの原産地はオホーツク海です。

アレルギー情報

「裏ごしおさかな」には、アレルゲンとなる特定原材料は含まれていません。

2020年3月2日現在の製造品情報です。原材料は変更になることがあります。ご購入、お召し上がりの際は、お手元の商品の表示をご確認ください。

栄養成分表示

エネルギーなど、栄養成分はこちらです。

【栄養成分表示/1包(2.6g)当たり】

エネルギー10kcal
たんぱく質0.6g
脂質0-0.04g
炭水化物1.9g
ナトリウム3mg
ショ糖0g

「裏ごしおさかな」作り方

裏ごしおさかな1個につき小さじ1のお湯を注いでよく混ぜて作ります。

裏ごしおさかな

お湯を注いだ瞬間におさかな(たら)の香りがします。

よく混ぜないとフリーズドライが溶けきらず残ってしまうので、お湯をかけたらすぐに混ぜるのがポイントです。
それでも失敗してしまう場合はお湯の量を増やすか、おかゆに混ぜて溶かすといいです。

oico
oico
赤ちゃんによってはおさかなの臭みが気になる子もいると思うので、最初はよく冷まして臭いが少なくなってからあげると食べやすくなると思います。(うちの子もそうでした。)

和光堂のサイトには「裏ごしおさかな」を使った離乳食レシピも公開されています。

「裏ごしおさかな」レビュー

おすすめ度:

面倒な魚の下処理をせず、お湯で溶かすだけで作れるのは本当に素晴らしい!

でも1袋3個入りで120円~130円くらいなのでちょっと高いかな…と感じてしまいます^^;
(フリーズドライ製法だからどうしても価格が高くなってしまうんですけどね。)

なので、これは離乳食デビューしたばかりで「おさかなをちょっと試してみたい」というママさんにいいと思います。

oico
oico
ぜひ試してみてくださいね